(11)専門家に相談するときは

住宅ローンの滞納が始まったとき、あるいはもうすぐ滞納が始まるとわかったら、なるだけ早く専門家に相談する方がよいでしょう。
なんとかしてその場を取り繕った返済をしたとしても毎月のローンは待ってくれません。いずれは行き詰まっていきます。

では、どこに相談すれば良いのでしょうか。

1)滞納前であれば・・・・
まずは、今支払い中の金融機関に相談しましょう。
リスケジュールといって、支払い方の変更が可能です。
特に、支払いが厳しい期間がある一定期間であるとわかっている場合に有効です。ローン支払いの総額は多くなりますが、破綻を避けることができます。

2)滞納が始まっていたら・・・
そのまま何もしなければ競売へ一直線に走り続けている状態となります。

競売より「任意売却」で住宅を手放す方がメリットの多いことはおわかりいただけたと思います。任意売却のメリット参照)

では、任意売却を選択する・・この場合、どこに相談するのがいいのでしょうか。相談する先によって、結果が違ってきます。
相談先を選択するには注意が必要です。

◆とりあえず近くの不動産会社に相談した場合
その不動産会社は、任意売却の知識がある会社でしょうか。あるいは任意売却の経験値は高いと言えるでしょうか。
一般的な不動産売却と違って、任意売却は経験値が必要な売却方法です。その後のスケジュールや具体的な進め方についても、きちんと説明をしてくれる業者にお願いしなければなりません。
また、一定期間内に売却できなければ競売となるため時間的なリミットがあります。当然、最初の売り出し価格の設定も重要となります。売り出し価格を高くしても売れなければ意味がありません。
また低すぎても、債権者の承諾がなければ販売できません。

◆弁護士に相談した場合

弁護士は、不動産の売買業務ができません。
そのため、弁護士によっては、任意売却をせず家は競売で債務整理を進めていくところもあります。

任意売却の業務は、「債権者との折衝」「売買代金の配分案の作成」「残債務の交渉」など細かく丁寧な作業が必要です。通常の不動産仲介業にはない業務がたくさんあります。

弁護士が必要なのかどうか、その不動産会社が適切であるかどうか。
初めてのことで、見極めが難しいのではないかと思います。

リスケジュールも無理で、住宅ローンが払えない。
そんな時は、任意売却を専門としている会社にご相談ください。

NEXT (12)任意売却はどんなかたにおすすめ? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする