はじめに

一戸建てやマンションを購入するときには、ローンを組む場合がほとんどではないかと思います。

住宅ローンを組む際には、その不動産に対して抵当権が設定されます。抵当権とは、返済できなくなったときに、不動産を取り上げる権利のことです。

順調に住宅ローンの返済ができていればよいのですが、突然何らかの事情で返済ができなくなってしまうことがあります。
そのようなとき、金融機関では抵当権を実行し、融資額を回収しようとします。いわゆる不動産の競売です。

そうなってしまうと、市場よりもかなり低い価格で不動産が売却されてしまうことが多く、家はすぐさま明け渡さなければなりません。

こういった競売にかけられる前に、できることが”任意売却”という不動産の売却です。
ここでは、任意売却のメリットやタイミング、一連の流れなどをご紹介していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする